債務整理(自己破産・任意整理・民事再生)、多重債務問題、会社設立 代行、生前贈与・遺産 相続登記・抵当権抹消は東京都杉並区、相談無料の当 司法書士事務所まで。


Blog内検索 
 
■2007/04/19/(Thu)18:08  営業泣かせ?!
今日の1日。
午前中、先日依頼のあった相続登記のお客さんの来所があり、完了書類一式をお渡し。
午後は、債務整理の件で、業者との電話のやりとり。
業者にとっては少し厳しい内容の和解案でしたが、債務者の状況を踏まえていただうえで、こちらの要求どおりに和解が成立したものもあり、こういうときは私もやはり嬉しいです。

当事務所のHPをyahooへ登録してから「広告・宣伝しませんか?」という内容の電話がとても多い今日この頃です。
あしたも1件、HPの広告・宣伝を扱う会社の営業マンが来る予定になっているし。
インターネット全般について疎い私なので、営業マンさんから色々と教わると、結果勉強になってたりも。
今の時点では、依頼する気はあまりないので、営業泣かせではありますが・・・。
「将来的に」ね。

(A)

■2007/04/17/(Tue)14:26  相続開始後の流れ
今日は相続開始後の流れについて。


^筝製颪陵無の確認
 自筆証書の「遺言書」があれば、必ず家庭裁判所で検認(遺言の偽造防止の保全手続)を受ける必要があります。検認前に遺言所を開封すると五万円以下の過料になるこもありますのでご注意下さい。
 ↓
∩蠡該盪此債務の調査
 被相続人(亡くなった方)ご所有の不動産については、登記済権利証や名寄帳(役所の税務課・都税事務所で請求)を見て、確認いたします。
 財産よりも債務が多い場合、相続の放棄・限定承認(債務超過の部分のみの放棄)を家庭裁判所に申述することができます(ただし、相続開始を知った日から三ヶ月以内)。
 ↓
A蠡蛙佑粒稜
 「亡くなられた方(被相続人)の出生から亡くなられるまでの戸籍謄本・住民票の除票(本籍地の記載あり)」を取り寄せ、相続人に関しては「現在の戸籍抄本・住民票(本籍地の記載あり)」を取り寄せ、相続人を確定します。
 ↓
ぐ篁妻割の協議
 財産と相続人が確定しましたら、遺産分割の協議が必要になります。
 ↓
チ蠡嚇亠
 不動産については、登記の手続きが必要になります。

以上がおおまかな流れです。
他に、相続税が発生するようであれば、もちろん申告する必要があります。

ご参考になればと思います。

(O)

■2007/04/16/(Mon)16:26  公告と決議の前後
会社法が施行されてもうすぐ一年ですね。
慣れたような慣れてないような。

最近、株式分割やら合併のことで、いろいろ調べていて気になったのが、公告と決議の前後についてです。

合併における公告や債権者保護手続については、合併の効力発生日の前にすればよく、決議の前にする必要はありません。
株券を不発行とする定款変更の公告も、法務局との相談の中でダメと言われたことはありません。

でも、株式分割の基準日公告、これはダメと言われてしまいました。
公告の趣旨は、株主名簿の名義変更を終えていない株主のに、早く書き換えるようにお知らせすること。これを決議の前にすることがいけないのでしょうか。他の公告手続との違いが分からないこともあり、納得ができません。
ただ、立法者の解説本には、「決議後」とはっきり書いてあります(理由は書いてありません)。これが、法務局の盾となり、「決議前」はNGとなりました。裏技はあるようですが、あまり使いたくない内容でしたので、素直に決議後で登記を申請しました。

納得できなかったのは自分の勉強不足かなと思いつつ、反省する気がしないのは、やっぱり納得いかないからなんでしょうね。

(O)

■2007/04/12/(Thu)17:13  取材依頼
このホームページ、昨日yahooに登録されました。

そのせいなのでしょうか。
今日は、普段鳴らないような営業や取材申込み等で電話が多かったです。

その1つ。
みなさん、「国際グラフ」という雑誌をご存知でしょうか?
私は、耳にしたことがあったくらいなんですが、そこから取材の依頼を受けました。
内容は、元ボクサー・現タレントである畑山隆則さんとの対談。

なんで畑山さん?そして、どして私たち?

定かではありませんが、どうやら若手の経営者を対象に、特定の地域を特集する一環としてインタビューを行い誌面にするようでした。
畑山さんがウチの事務所に来ると思うと、なんだか不思議なキモチになりますね。

結局、諸事情により丁重にお断りさせていただきました。

惜しいことしたかな。

(A)

■2007/04/10/(Tue)17:20  プチ出張
今日は、茨城にある笠間という所の登記所に行ってきました。
遠いです。片道二時間半。ずっと電車に座っていたので、お尻が痛くて痛くて。
でも、立ってるのも疲れるので、我慢して座ってましてた。

司法書士の仕事は、たまにこういったプチ出張があります。登記の申請を出して完了したら、必ず取りに行かないといけないからです。
出張は、寄り道したり、ご当地ものを食べたりで、気分転換になって嬉しい。
はずなのに、今日の所は電車を一本逃すと30分から1時間は待たないといけないので、駅から登記所までの往復だけで終わってしまいました。がっかり。

(O)



一覧 / 検索  

トップブログ債務整理不動産登記商業登記成年後見モデルケース料金表Q&A事務所案内

阿部大河原 合同 司法書士事務所
東京都杉並区成田東5-39-11-2F 南阿佐ヶ谷  南阿佐ヶ谷駅徒歩1分  TEL 03-5347-0433
(C) Copyright 2007- AbeOkawaraJudicialScrivenerOffice